海外サプリを買うときの注意点をチェック!

サプリの市場の違いが値段の違いを生む

インターネット上で簡単に海外の商品が購入できるようになりました。

生酵素サプリも例外ではなく、アメリカや中国のサプリメントを手軽に輸入して購入することができます。

海外のサプリと日本のサプリを比べたときに、値段の違いに驚くかもしれません。

海外のサプリの方が圧倒的に安いことがあるのです。

日本のサプリと海外サプリで特に値段の違いが目立つのは、最新の成分が配合されたサプリメントです。

ビタミンなどの一般的な栄養素のサプリメントは広く出回っているため、あまり値段の違いは見られません。

値段の違いの原因は、市場規模の違いです。

日本の2倍以上の人口をもつアメリカでは、サプリ大国と呼ばれています。

食品メーカーだけでなく、製薬会社もサプリメント開発、販売に参加しており、市場では激しい競争が行われています。

競争が激しくなると、商品はより良く、より安いものが生き残るようになります。

その結果できた商品が、日本のサプリメントと比べると安く見える原因になるのです。

日本ではまだサプリ文化というものはあまり発展しておらず、飲んでいる人の方が少ないくらいです。

海外のサプリは品質の問題で不安が残りますが、アメリカのサプリについては品質面も高い水準を保っています。

品質には気を付けて!

日本で海外のサプリメントを購入する手段はいくつかあります。

まず、海外のサプリメント会社から直接取り寄せる方法です。

もっとも品質がしっかりしているので、どうしても海外のサプリが使いたいのであれば、この方法がおすすめです。

サプリメントは食品ですが、品質管理がしっかりとできていないものでは、効果がないばかりか予想もしなかった副作用に見舞われてしまう可能性があります。

個人の輸入代理業者や、オークションサイトなどで海外製のサプリを取り扱っているところもありますが、あまりおすすめはできません。

少し値段が安いからといって、正規品じゃないサプリメントには効果が期待できないからです。

特にオークションサイトで販売されているものは、値段が正規品と比べてとても安いことがあります。

しかし、目先の値段に惑わされずに、しっかりと効果がある商品を購入することが、長い目で見たときに得することになるのです。

カテゴリー: サプリの豆知識 | コメントする

日本と海外のサプリ文化の違い

生酵素サプリの特徴も国によって違います

生酵素サプリを探していると、インターネット上で海外のサプリを購入できることに気が付きます。

日本ではサプリ文化というのは実はまだ発達しきっておらず、サプリ大国と呼ばれるアメリカなどには大きく後れをとっているのが現状です。

海外のサプリを見ると、配合成分のわりに安い商品が多いのは、市場規模の大きさが原因です。

市場が大きければ大きいほど、企業ごとの競争が激しくなり、よりよい商品をより安く提供しなければ売れなくなります。

競争に勝ち残った商品は、成分と値段、どちらの面から見ても素晴らしいものになるのです。

しかし、注意してほしいのは、海外産のサプリはあくまでその土地に住んでいる人の体質や生活習慣に合わせてつくられているということです。

例えば、アメリカの生酵素サプリは消化を助ける効果が重要視されます。

消化酵素は肉や加工食品を食べる際に多くの量を消費されるので、そういった食文化の多いアメリカの生酵素サプリが消化を重要視しているのは当然と言えるでしょう。

また、体格も大きいので、必要となる栄養素の量も日本人とは異なってきます。

栄養素によっては、過剰摂取による副作用が報告されています。

何も考えずに、たくさんの成分が入っているという理由でサプリメントを飲み続けると、思わぬ副作用に悩まされる可能性があるのです。

過剰摂取の危険性

サプリメントの形状は、世界でも同じようなものが多い傾向にあります。

しかし、サイズや形が同じだからといって、中身まで同じとはかぎりません。

同じような効果があると宣伝しているサプリメントでも、日本のサプリと海外のサプリでは成分が大きく異なっている可能性があります。

仮に同じ成分が含まれていたとしても、1粒当たりの成分の配合量が違えば、それは違う商品です。

国によってはサプリの国際協定の対象外となっていることもあります。

安全性に気をつけて作られているかどうかは、国ごとに違うので、どの国で作られたのかというのも重要なファクターになってきます。

日本製のサプリなら、日本で作られていることが多く、成分の種類や量も日本人の体質や生活習慣に合わせて作られています。

専門的な知識のない方は、日本のサプリを選ぶのが簡単で安全です。

カテゴリー: サプリの豆知識 | コメントする

オークションサイトの生酵素サプリに注意!

生酵素サプリが転売されるのはなぜ?

転売されている生酵素サプリには注意が必要です。

酵素ダイエットのブームに乗っかって、オークションサイトなどで生酵素サプリを出品しているのを見かけます。

だいたいの転売されいる生酵素サプリは、公式通販の通常価格よりも安い値段で販売されています。

こういった商品を出品している方は、おそらく公式通販の初回限定価格で買ったものを転売している可能性が高いです。

多くの生酵素サプリの販売会社は、公式通販で初回限定キャンペーンを行ってします。

初回なら50%以上割引して販売している商品もあるくらいです。

生酵素サプリは製造に時間がかかるので、大量生産ができません。

市販のドラッグストアなどに商品を置くことができずに、通販のみの販売となってしまうことが多いです。

通販のみの販売だと、不安に思う方がいるという事実があります。

商品は手にとってから購入するかどうかを決めたいという気持ちはわかります。

生酵素サプリの公式通販では、まずは手に取ってもらうために初回特別価格を設定しているのです。

店頭で購入することができない代わりに、破格の値段で通常の商品を手に入れることができます。

この初回特別価格で購入した商品を、自分で使わずに販売しているのがオークションサイトなどで見かける生酵素サプリです。

例えば、通常価格の50%OFFの生酵素サプリを買って、通常価格の25%OFFで売ってしまえば、25%分は自分の利益とすることができます。

しかし、公式通販の初回限定価格よりも安い値段で販売している商品はありません。

もし初めて生酵素サプリを試そうとしているのなら、公式通販を利用して購入するのがおすすめです。

酵素は熱によわい

転売されている生酵素サプリは品質管理の面での問題があります。

酵素は熱に弱いという性質を持っています。

そのため、生酵素サプリは非加熱処理によって製造されるのですが、保管や輸送の際に高温になってしまうと、酵素は失活してしまいます。

生酵素サプリの販売会社によっては、夏場はクール便での配送をしているところもあるくらいです。

オークションで転売しようとしている人が、きちんとした知識を持っているとは限りません。

届いた時点で酵素が失活してしまっていては、飲み続けても効果を感じることはできないのです。

公式通販なら、酵素の特性も踏まえた保管方法、配送方法をとっているので安心です。

少しくらい値段が安いからと言って、転売された生酵素サプリを買うのはやめましょう。

カテゴリー: サプリの豆知識 | コメントする

サプリ大国アメリカで流行した生酵素サプリは?

日本とアメリカのサプリに対する認識の違い

アメリカはサプリ大国と呼ばれているくらい、サプリの市場が大きいことで有名です。

サプリ発祥の地ともいわれており、最新の成分を配合したサプリメントが日々開発、販売されています。

日本では、スーパーなどに行ってもほとんどサプリコーナーというものはありませんが、アメリカでは棚が1つや2つまるまるサプリコーナーだったりするくらい、市民の生活にサプリが密着しています。

生酵素サプリも例外ではなく、アメリカで流行しています。

そもそも酵素ダイエットはニューヨークのローフードダイエットから広まりました。

サプリの認識は国ごとに異なり、日本とアメリカでも大きな違いが見られます。

日本の生酵素サプリは、野菜や果物本来の栄養素を発酵、熟成によって濃縮したものが多いです。

栄養素によって腸内の酵素を増やすことで、腸内環境を整備する効果が期待できます。

一方、アメリカの生酵素サプリは、消化酵素を助ける目的の商品が多い傾向にあります。

消化酵素は脂っこいものや肉類を消化するときにたくさん消費されます。

食文化の違いから、アメリカの生酵素サプリが消化を助ける方向に進化したのは自然と言えるでしょう。

しかし、日本でも食の欧米化が進んでいるので油断は禁物です。

特に、ファーストフードや加工食品ばかりの生活は消化酵素を過剰に消費してしまいます。

アメリカのサプリも簡単に取り寄せることができるので、利用を検討してみてもいいかもしれません。

日本でもアメリカでも、サプリメントについて共通していることは、サプリは健康食品だということです。

あくまで食品ですので、副作用について考える必要はありません。

しかし、便秘薬などと一緒に飲んでしまった場合、効果が重複することで激しい下痢などの症状が出てしまう可能性があります。

薬を服用している方は、生酵素サプリを飲む前にお医者さんに相談したほうが良いでしょう。

最先端の生酵素サプリ

ハワイで流行した生酵素サプリにボタリッチという商品があります。

サプリ先進国のアメリカ産のサプリだけあって、栄養素が豊富に含まれています。

ココナッツ、チアシードなどのスーパーフードやアサイー、マキベリー、ザクロなどのスーパーフルーツが含まれているのが特徴です。

スーパーフードやスーパーフルーツは、ダイエットや健康を意識する女性の間で流行っている食材です。

通常の食材よりも、栄養価が高いことが知られています。

サプリにこれらの食材を利用することで、通常の食材を原材料にしたときよりも高い栄養素の生酵素サプリを作ることができるのです。

ボタリッチには、ドリンクタイプ、スムージータイプ、カプセルタイプの3種類があります。

ひとりひとり飲みやすい形状を選ぶことができるので、毎日続けやすいことがポイントです。

カテゴリー: 海外のサプリ事情 | コメントする

中国で日本のサプリが流行っている理由は?

安いサプリには罠がある?

中国でのサプリ事情はどうなっているのでしょうか?

値段については、日本のサプリよりも安い商品があることがあります。

しかし、値段に騙されて購入すると痛い目を見ることがあるので注意が必要です。

どういうことかというと、中国のサプリは成分が怪しいからです。

例えば、美容に良いサプリと書いてあっても、美容に良い成分が全く含まれていなかったり、配合されていたとしてもごく少量だったりすることがあります。

パッケージに記載されている成分表も当てになりません。

中国の本当に悪質な商品は、嘘の成分表が記載されている場合もあるからです。

また、副作用のリスクについても無視できません。

製造工場がどのような場所かわからないので、衛生環境が劣悪な場所で作られている可能性もあります。

異物が混入したり、添加物が使われていたりと、安心とは程遠い商品になってしまうのです。

中国産のサプリのすべてが悪だというつもりはありませんが、他の海外サプリに比べて危険性は高いという認識をしておきましょう。

生酵素サプリ 飲み方

生酵素サプリは効果や安全性で選ぶ

中国では、自国産のサプリよりも、むしろ日本産のサプリが有名なことがあります。

さきほど言ったとおり、中国産のサプリは信用という面においては難しいものがあります。

その点、日本産のサプリは製造環境や添加物などの安全性にまで配慮されて作られている商品が多いです。

中国の中でも、経済的に余裕のある人たちは、少しお金がかかっても日本産のサプリを購入します。

安くて効果がいまいちなサプリよりも、高くても効果がしっかりしているサプリを選ぶというのは日本人でも中国人でも同じということですね。

生酵素サプリは毎日飲むことによって効果を実感することができます。

長期間利用するものだからこそ、値段だけで商品を選ぶのではなく、効果や安全面まで考慮に入れることがポイントになります。

カテゴリー: 海外のサプリ事情 | コメントする