日本と海外のサプリ文化の違い

生酵素サプリの特徴も国によって違います

生酵素サプリを探していると、インターネット上で海外のサプリを購入できることに気が付きます。

日本ではサプリ文化というのは実はまだ発達しきっておらず、サプリ大国と呼ばれるアメリカなどには大きく後れをとっているのが現状です。

海外のサプリを見ると、配合成分のわりに安い商品が多いのは、市場規模の大きさが原因です。

市場が大きければ大きいほど、企業ごとの競争が激しくなり、よりよい商品をより安く提供しなければ売れなくなります。

競争に勝ち残った商品は、成分と値段、どちらの面から見ても素晴らしいものになるのです。

しかし、注意してほしいのは、海外産のサプリはあくまでその土地に住んでいる人の体質や生活習慣に合わせてつくられているということです。

例えば、アメリカの生酵素サプリは消化を助ける効果が重要視されます。

消化酵素は肉や加工食品を食べる際に多くの量を消費されるので、そういった食文化の多いアメリカの生酵素サプリが消化を重要視しているのは当然と言えるでしょう。

また、体格も大きいので、必要となる栄養素の量も日本人とは異なってきます。

栄養素によっては、過剰摂取による副作用が報告されています。

何も考えずに、たくさんの成分が入っているという理由でサプリメントを飲み続けると、思わぬ副作用に悩まされる可能性があるのです。

過剰摂取の危険性

サプリメントの形状は、世界でも同じようなものが多い傾向にあります。

しかし、サイズや形が同じだからといって、中身まで同じとはかぎりません。

同じような効果があると宣伝しているサプリメントでも、日本のサプリと海外のサプリでは成分が大きく異なっている可能性があります。

仮に同じ成分が含まれていたとしても、1粒当たりの成分の配合量が違えば、それは違う商品です。

国によってはサプリの国際協定の対象外となっていることもあります。

安全性に気をつけて作られているかどうかは、国ごとに違うので、どの国で作られたのかというのも重要なファクターになってきます。

日本製のサプリなら、日本で作られていることが多く、成分の種類や量も日本人の体質や生活習慣に合わせて作られています。

専門的な知識のない方は、日本のサプリを選ぶのが簡単で安全です。

カテゴリー: サプリの豆知識 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です